14 なつたび 05
若桜から鳥取方面に一駅もどったところが丹比という駅。面白い名前の駅舎に日が暮れる。ジャージを着た中学生がニンテンドーDSをやりながら電車を待っている。「電車をまってるの?」と声をかけると「はい」と思ったよりも礼儀正しく、歯切れよい返事が返ってくる。調子にのって「次の電車は何時にくるの?」と聞いてみると「ちょっと待ってください」とDSをひっくり返して膝の上におき、鞄の中から定期入れを出してその中に畳まれた時刻表を開いてくれる。あと10分もすると電車がくることになっている。線路を挟んで反対側の空き地には中学生の友達と思われる子どもたちが自転車で同じところをくるくる回っている。DSの少年は画面から目を離さずに会話に加わっている。
やがてやってきた上り電車は警笛を大きく一回鳴らして、少年だけを一人乗せて出発していく。
b0112603_22252774.jpg

[PR]
# by bunbu101 | 2014-06-09 22:27 | OLYMPUS OM-D E-M5
14 なつたび 04
砂丘から一度鳥取市内に戻り、29号線を南下すると若い桜とかいて「わかさ」という地名のところに着く。山林が迫る中にこじんまりとした町が配置されている。冬は雪深く、融雪のための水路が町中に整備されている。若桜鉄道の終点駅があり、転車台が残っているほか、ディーゼル機関車とSLが動態保存されているのだそう。時期を見計らってくるとこれらの車両の運転体験ができる。
b0112603_23135383.jpg

[PR]
# by bunbu101 | 2014-06-08 23:23 | OLYMPUS OM-D E-M5
14 なつたび 03
砂丘に人は惹かれるものなのだろうか。考えようによっては砂浜が他よりも少し広いだけともいえる。靴に砂は入るし、日差しはジリジリと首筋を焦がすようだし、時折吹く強風に舞う砂が目に入ったりもする。時間を過ごすのにあまり気持ちのいいところではない。しかし大勢の人が、他県からもやってきている。
b0112603_2381860.jpg

[PR]
# by bunbu101 | 2014-06-08 23:11 | OLYMPUS OM-D E-M5
14 なつたび 02
1時間あまりのフライトを終えた飛行機は、左手に鳥取砂丘を見ながら降下を続け、鳥取空港をやり過ごしてからUターンして着陸する。このUターンを海面すれすれでやるので、窓の下を見ながらお尻のあたりがむずむずする。
飛行機の窓から見ると海岸のごく一部が砂丘になっているように見えたのだが、陸地に降りてから自動車で実際に砂丘まで行き歩いてみると、その大きさに圧倒される。5月だと言うのに日差しは強く、風に舞う砂と太陽をよけるためには手を上手につかって顔を守らなくてはならない。
b0112603_22595765.jpg

[PR]
# by bunbu101 | 2014-06-08 23:08 | OLYMPUS OM-D E-M5
14 なつたび 1
残った未踏県はあと二つ。青森と沖縄だけれど、それは差し置いて鳥取県を目指す。竹田城を見たいというのでいろいろ調べてみた。東京から行く場合には姫路まで新幹線で移動し、そこから播但線で北上する方法。伊丹空港まで飛行機で行ってあとはレンタカーなどで移動する方法がありそうだ。後者でみた場合、空港からの移動時間が同じならば普段行く機会がない鳥取の方が面白かろうということになった。伊丹にしても鳥取にしても、竹田城までの距離は大差がない。飛行時間も驚いたことにあまり違わない。そういうわけで日本列島縦断フライト。ここのところ四国や九州を目指す飛行機が多く太平洋ばっかり見ていたので、窓の外の景色が新鮮である。
b0112603_8485390.jpg

[PR]
# by bunbu101 | 2014-06-06 08:42 | OLYMPUS OM-D E-M5
パパは下投げ、オヤジは上投げ
週末、アメリカに長いこと住んでいる従兄弟が小さい男の子と奥さんを連れて一時帰国した。電車を乗り継いで鎌倉の街を散歩していると、小さい男の子がまだあどけない声で「おやぢぃ」と父親のことを呼んでいる。微笑ましい違和感が周りの人の笑いを誘う。きけば「キャッチボールをやるときに、パパっていうと下からボールをふわっと投げる感じだろ。そうじゃなくて、上投げでこう、」といって上から思いっきりボールを投げる構えをして「ばしっと投げたいんだよ」ということで、あえてそう呼ばせているのだそうだ。
b0112603_2313405.jpg

[PR]
# by bunbu101 | 2014-04-24 23:16 | canon 5d mk3
MacBookアルミ
3連休、どこへ行こうかな、やめようかななどとやっているうちに3日目になってしまった。ちょうどSnow LeopardのCDが届いたのでMacBookアルミのアップデートをした。10.9Marvericks以降、OSは基本的に無料でアップデートされることになったらしいが、10.5どまりになっているうちのMacBookではその恩恵が受けられない。恩恵を受けるためには2000円出してSnow Leopardを購入して一度アップデートした後にマーヴェリックスに以降するという2段階アップデートを行わなければいけない。
ハード的にはひと世代かふた世代前に属する機体に新しいソフトを入れることでもうひと頑張りしてもらおうという考え。なんだかんだと半日係。それでもほとんどのファイルをクラウドや外付けに保管して運用するやり方が浸透してきているので、データ移行などはほとんどなく、アカウントの設定をいくつか行えば終了。さて、どのくらい動いてくれるのか。
b0112603_21342671.jpg

[PR]
# by bunbu101 | 2014-03-23 21:43 | GM1
14 はるたび 01
はるたびは九州方面。宮崎、鹿児島。未踏県がまた二つ消えてあと二つ。
残っていた青森か、それとも宮崎鹿児島か、やっぱり南に行ってよかった。気温はうららか、海は青く、日南海岸は白い。飫肥でも、知覧でも、城下町と武家屋敷で多くの時間を過ごす。
青森はもう少し暖かくなってから行くことにしよう。
b0112603_9491164.jpg

[PR]
# by bunbu101 | 2014-03-22 11:19 | BESSA R2
キュレーター書店
本屋にいるだけでも楽しい。椅子がおいてあったりするとなおよい。気に入ったのを2,3冊持って来て集中して「すわり読み」する。
今日行った書店はテーマごとに本棚をしつらえ、文庫、新書、ハードカバーなど様々な装丁の本を一カ所に並べてくれる。「人間の死因」「死刑」「哲学」「生きること」などの本が一カ所におかれているのだ。店主がこだわりを持って本をそろえて、提案していく。ネットの本屋と抵抗するにあたって、リアルの本屋の一つのあり方だと感心させられた。
b0112603_226634.jpg

[PR]
# by bunbu101 | 2014-02-16 22:09 | OLYMPUS OM-D E-M5
和布蕪
普段滅多にいかないスーパーの海鮮コーナーの端に、和布蕪が売られていた。少し多いな、と思いながらかごに入れてかえってくる。
一日目。すでにゆでてある和布蕪だったので、ショウガとみょうがとシソを刻み和布蕪にあえる。長芋を細長く刻んでおき、酢飯をつくっておいたのの上に両方のせる。お酢に醤油とみりんを混ぜて全体に振りかけて食べる。うーむ。生臭くて食べられない。。。納豆を追加して、どうにかかきこむ。
二日目。今度は和布蕪にお酢をたっぷりとかけて、あらかじめよくかき混ぜておく。ショウガとみょうがも増量して、シソも当然入れる。醤油は最後に少したらす要領。今度は臭みがよく消えていて、とてもうまい。酢飯もやめてふつうの白飯。ごまを最後にふりかけて、やはり書き込む。あとは白菜のクリーム煮ともやしのみそ汁という夕ご飯。日曜日の夕食がうまくいくと1週間うまくいきそうな気がする。
b0112603_22591063.jpg

[PR]
# by bunbu101 | 2014-01-26 23:07 | Panasonic GF2
供花
列車の乗り継ぎが2時間半ある。寂れた駅前で、赤い看板が目立つ中華料理屋で昼ご飯を食べる時間を抜いても2時間は駅の周りを歩ける。そういうときは土着の神社をたずねる。人気がなくひっそりしている。夏にいくと蝉の鳴き声がし、冬にいくときりっとした空気が辺りを覆っている。だれともなく、お供えの花が新しいものに取り替えられている。そういうのを見つけるのも、旅に出ることの楽しみにひとつ。
b0112603_23401437.jpg

[PR]
# by bunbu101 | 2014-01-20 23:45 | OLYMPUS OM-D E-M5
増税前ショッピング
ここ数週間、家の中にメモ用紙を張り出して、増税前に買っておくものをリストアップしている。今日の午後、車で一通りそろいそうなホームセンターに買い物に出る。醤油、ケチャップ、マヨネーズなどの調味料の類いは保存が利くから買っておく。掃除用品とか、歯ブラシとか、そんなものもの買っておく。サランラップは思ったよりも安くないということで却下になる。カメラとかレンズも増税前に。。。これも却下される。
b0112603_22573252.jpg

[PR]
# by bunbu101 | 2014-01-19 23:01 | BESSA R2
13 ふゆたび 14
相生まで戻って来たところで、5回分の切符を使い果たす。実は青春18切符を2セット買っていて、相生からさらに豊橋まで出て、そこから飯田線の乗り継ぎ、諏訪に出て中央線を戻る算段だった。あと4日もあれば戻れるはずだった。しかし最初の切符セット、5日ぶんが終わった時点で気持ちがなえた。腰も痛くなった。もう十分堪能した。続きはまた夏にでもやろう。
相生駅のホームで、自分がのる新幹線を待つ。離陸するつもりではなかろうかというスピードで通過する新幹線と、これまでに乗り継いで来た各列車のスピードと、これが時代の変化であるのだなあとしみじみと感じずにはいられなかった。20年後には18切符で新幹線が乗り放題になり、リニアモーターカーが現在の新幹線の地位におさまるのかもしれない。
b0112603_23284533.jpg

[PR]
# by bunbu101 | 2014-01-06 23:33 | OLYMPUS OM-D E-M5
13 ふゆたび 13
明治から第二次大戦の終戦まで、大陸への船が出る重要拠点だった下関で一泊し、あとは山陽本線を使って東に戻ってくる。
厚狭、宇部、山口、岩国など当時の重要産業拠点を右に見ながら、周南、尾道と多くの人口を抱える都市を突っ切って東進する。40万の福山があり、政令指定都市の広島と岡山も山陽側だ。字のごとく、山陰に対して山陽の人口集積が際立つ。
b0112603_23221440.jpg

[PR]
# by bunbu101 | 2014-01-06 23:28 | Other cameras
13 ふゆたび 12
山陰本線はこのあと、須佐と奈古という区間でも、数年前の自然災害で被害を被り不通のままになっている。同区間はバスが代替輸送しており、須佐で降りた乗客は何事もなかったかのように駅前で待つ観光バスにのり、数キロ先の奈古まですすんで、そこで折り返し運転をしていた列車に乗り継ぐ。
日本は広い。東京のようにA地点からB地点までの移動に数万通りの移動手段があるのと違い、ここでは電車がダメならバスを引っ張ってくるか、タクシーを呼び出すしかないのだ。
b0112603_23182753.jpg

[PR]
# by bunbu101 | 2014-01-06 23:20 | OLYMPUS OM-D E-M5
13 ふゆたび 11
残念ながらこの区間はタクシーによる振替運転。豪雪地帯、タクシーの運転手はうずたかくつもった雪にも、時折滑るタイヤにも、まったく舞い上がる事なく40分ほどかけて浜坂駅まで運んでくれる。余部鉄橋は下から見上げることになる。
b0112603_2314856.jpg

[PR]
# by bunbu101 | 2014-01-06 23:16 | OLYMPUS OM-D E-M5
13 ふゆたび 10
福知山から先、城崎温泉、豊岡のあたりは西日本でも有数の豪雪地帯とのこと。そんな豪雪地域でも例外的なふり方だったようで、城崎温泉で大方の乗客を吐き出して身軽になったはずの浜坂行の電車は、少し手前の香住駅で足止めを食らう。雪で不通のこの区間には、架け替えたあとも有名な余部鉄橋があり、それをわたるのを楽しみにしていた。
b0112603_23114712.jpg

[PR]
# by bunbu101 | 2014-01-06 23:14 | OLYMPUS OM-D E-M5
13 ふゆたび 9
そんななか、観光らしい観光ができたのは福知山のお城。朝の列車を少し遅めにしていたので、まだ外が暗いうちにおきだして、ホテルから歩いて到達した。しんと静まり返った街を見下ろすところにお城は建っている。もやと粉雪にかすむ向こうを、鉄道のレール音が響き渡る。
b0112603_239974.jpg

[PR]
# by bunbu101 | 2014-01-06 23:10 | OLYMPUS OM-D E-M5
13 ふゆたび 8
今回の旅は、とにかく移動だ。JRのダイヤもよくくまれたもので、乗り換え時間があまりない。雪などで多少の遅れを見込んでいるのか、そのぶんのバッファー時間が設けられている程度で、大体ターミナル駅に着くと次の電車が隣のホームで待っていて、その先に進む事ができる、というような時刻の組み方になっている。
車内で時々時刻表を開いて、その次の電車を調べながら昼ご飯の時間を確保しないといけない。
b0112603_2355478.jpg

[PR]
# by bunbu101 | 2014-01-06 23:08 | OLYMPUS OM-D E-M5
13 ふゆたび 7
富山や金沢の駅が近づいてくると、乗客がふくれあがってくる。冬休みに入った中学生や高校生が友達と連れ立って買い物にでも繰り出す様子。お弁当を広げて窓の外の風光に見入るといった風情はない。
b0112603_2322515.jpg

[PR]
# by bunbu101 | 2014-01-06 23:03 | OLYMPUS OM-D E-M5